(高山病に)警戒する帝都

2011-01-10-Mon-11:58
平地のリマを離れ、目指すは高山地域。
お察し下さい
リマからクスコまで飛行機で一時間ちょっとでつきます。
万年雪
リマ発だと左側の窓側からきれいに山脈が見えます。

空港に着いたとたん、あれ?
うーん…。
心なしか、空気薄いようなそうでもないような…?

でもね、なんとなーく、早歩きが怖い。
クスコは標高3400m富士山と同じくらいの高さですし、
山登りといっても高尾山やらハイキングしかしたことのない
私にとって3000mは未開の地。
ゆっくり歩くとしませう。

リマのガイドさんに言われたことは、
1,焦らない
2,イライラしない
3,ゆっくり歩く
平地と同じにはいかないよ、ということですね。

高山病はいつ何時起きるか分からないもので、
酸素を使うことは控えてくださいとも言われました。
食事も消化に酸素を使うので、食べ過ぎると高山病を誘発しかねないので、
高地では小食(腹7分目くらい)を心がけてくださいとも。

【Read More】

ナスカの地上絵

2011-01-10-Mon-00:54
リマについた日に、さっそくナスカの地上絵へ行ってきました。
実は、到着予定が23時過ぎだったのが、乗り換えが2時間遅れ。
結局、現地に着いたのが夜中の3時。
4時ちょっと前にホテルをチェックインして
4時30分にはナスカに向けて出発するというアナウンス。
うわあああ、初日から強行軍!
しかも、セスナの飛行場があるイカという町へは、
片道約4時間というすばらしい睡眠時間を確保しました。

【Read More】

ペルー編はじまり

2011-01-10-Mon-00:16
新年早々、思い切って地球の裏側の国、ペルーへ行ってきました。

実はですね、新婚旅行なのです、今回。
前回のロンドン、リスボンは家族旅行でしたが、
今回は特別な旅行。
特別な旅行だから、奮発して遠いところ、
今のうちに行けそうなところにしよう!となりまして。
体が身軽で体力のあるときに行けるところにしようと、
マチュピチュをメインにしたツアーとなりました。

ペルーってどんなところ?
首都はリマ。
砂漠、高山、ジャングル地帯と変化にとんだ場所です。
リマでティカはちょっと見つけられませんでした。
残念。

言語はスペイン語。
ケチュア語も公用語となっています。
ケチュア語も、日本語と同じ主語・目的語・動詞の並び順なんだそうです。
マヤ語も同じじゃなかったかな、確か。
遠い遠い昔、同じご先祖様がベーリング海峡を渡って
アメリカ大陸に渡って行ったんだろうなぁと想像すると楽しいですね。

移動時間は乗り換え含めて24時間くらいかかります。
アメリカ国内乗り換えが主流みたいです。

通貨はヌエボソル(/s)。ドルと併用できます。
日本では換金できないのでドルを持って行けば現地で何とかなります。

当時、フジモリ政権だったとき、ペルーのニュースが日本にも入ってきていました。
そのとき、ペルーは地球の裏側の国なんだなぁ、という認識程度でしたが、
今は、「リマ、中枢落ちてるんだけど^^」、
「ティカの胃袋はどうなってるんだ」とか、
位置だけはすんなりわかる大航海民となってしまいました…。
たはは…。

そんなこんなで、次のエントリーから観光したことを書いてきますよ!
RREVHOME