天空都市(2)

2011-01-11-Tue-23:03
マチュピチュ遺跡の隣にあるホテル、
サンクチュアリロッジに泊まることによって、
朝一で遺跡見学をすることが出来ます。
勿論、朝一の電車、バスで見学することは可能です。
が、すげー早起きなんですよ。
その早起き分がちょっとだけ寝坊できるという心のゆとりが
サンクチュアリロッジに泊まると出来るのです。

遺跡は6時から開園というので、
早く起きてさくっと見学するべーと6:30頃並んだら…。

完全に出遅れてる感が…。
あるぇ
ちょっと、行列出来てるんですけど!!
麓の村からどんどんバスは来るし、
自力で山を登ってくる人は次から次に来るし。
なぜか、シャツを脱ぎ出し、上半身マッパな西欧人は居るし、訳分からん。

朝一狙いは、遺跡を上から眺められるワイナピチュ(若い峰)
登山を目指す人がほとんどです。
1日、200人×2回と人数制限されているので、
早めに順番を記入しないと登山出来なくなってしまうのです。

勿論、我々は登山をするわけもなく、
まったり朝の遺跡見学です。
霧のマチュピチュ
ラピュタみたいですな…。
朝霧に包まれる遺跡も幻想的です。

太陽の門に向かう道と、マチュピチュ(老いた峰)へ登る道の分岐点。
どちらも
太陽の門はインカ道を歩いてマチュピチュ遺跡に来ることが出来ます。
マチュピチュの駅の一つ前の駅で降りて、
一日7時間歩くそうですけど…。
あと、最近、人気なのは3泊4日かけて、
歩いてマチュピチュ遺跡を目指すというコースだそうです。
地元のポーターさんが着いて、荷物やら食事やら運んでくれるそうですが、
うーん…。
優雅に観光したいなぁ。hehehe

一通り遺跡を眺めて、ホテルに戻って遅めの朝食を食べた後、
天気が良くなったのでまた遺跡巡りしました。
正門から眺める
こちらが、ワイナピチュ。

こっちがマチュピチュの山。
後ろ側
どちらも登ることが出来ますよー!
眺めは最高らしいですよ。
でも、基本的に標高2400mスタートなので、
頑張ってくださいね!!

見学しに行ったのはちょっと、遺跡から離れたインカ橋。
有事の際は、橋を落として、進入されないようにしたようなのです。
インカ橋へ向かうまでの道のり、
ガイドブックには割と平坦で行きやすい、と書かれていたのですが、
嘘。
結構、登ったぞ。
ちょっと登ったぞ!
思ったより登ったんだぞ。
インカ橋への道もインカ道の一部です。
今はきれいに舗装されてるので、昔より道幅は広くなっています。
あれ
これがインカ橋。
で。インカ橋手前の柵が、ゆるゆるすぎて逆に怖い。
がんばれ、柵
勿論、橋の向こうもインカ道が続いています。
緑の草が生えてるところ
どこまで行ったんでしょうねぇ…。

午後は、マチュピチュを離れクスコに戻りました。
また、ビスタドームにのって途中の駅まで行きます。
午後便も軽食が出たのですが。
ジャガイモ
軽食にしては重すぎる。
豪華なのだけれど、豪華なんだけど…!!
3食きっちり食べているので、間食が難しいのですよよよよ。

あと、時々写っている、どぎつい黄色いのは
インカコーラです。
なんか、もっと原色バリバリの飲み物もあるようですよ。
色が濃い方が美味しそうに思えるんですって。

電車の中は睡眠時間確保!と思ったのだけれど、
至れり尽くせりで、近くのお祭りで活躍?する精霊が出てきたり
ギャー!!!
アルパカを使った服のファッションショーが開かれたりと
寝させてくれません…。

眠いよぅ…。

電車を降りたら来るまで山を越えて、クスコに向かいます。
途中、標高3800m地点を通ったんですって!
富士山より高い~!

夜のクスコの町はとってもきれいでした。
オレンジ色
ペルーの街灯はオレンジです。
フジモリ政権の時に統一したんですって。

サント・ドミンゴ教会もライトアップ。
いいね
インカの壁もライトアップ
壁きれいだよ
結構、物騒でしたけどねぃ。

この日が、ホテルで泊まる最後の日。
マチュピチュで慣れたと思ったけど、
標高上がったクスコでの1泊は結構、頭ぼーっとしました。
食欲は十分でしたけど!

COMMENT



2011-01-12-Wed-13:39
ご結婚されたのですねー。
おめでとうございます。旅はいいですねー。
うらやましい限りです。

いえぁ!

2011-01-12-Wed-22:25
銀河さん>
実は、「していた」んです。
えへ。
ありがとうございます。
思い切って飛んだので、楽しかったです。

コメントの投稿

HOME