帆船日和

2010-07-26-Mon-08:50
サグレス
ポルトガル帆船サグレスが来日しているというので、
サグレスと横浜帆船模型展の見学に行ってきました。
しっかし、あつかったです。
他に感想は無いのか、という感じですが、とにかく暑くい!

でも、生の帆船は良いですね!

[現役と模型]
素敵なロープアートの飾りのお出迎えです。
おいでませ

一つの指輪みたいだわ(笑)。
フォントが素敵
他の舵輪は、国旗の赤と緑に塗り分けられていました。

ちゃんと水が入ってます。
火事もバッチリ☆

艦尾を見学しているとき、船員さんが下に話しかけてるので、
のぞいてみたら、ペンキ塗り中でした。
きれいにしないとな
私達なんかは、映画みたいな感じだわ!と思ってしまいますが、
船員さんたちには日常なんだろうなぁ。

ここで水を補給しているようです。
ホースで…
樽担いで、一個一個に水を入れていくわけではないのねぇー。
映画の見過ぎ?

護衛艦はるゆきも一緒に艦内見学できたようです。
エスコートします
以前、見学したことがあるのはしらゆきでした。
時間的にキビシイのと暑さにダウンしかけてたので見学は、見送りました。

横浜帆船模型展は、今年はクイーンズでの開催でした。
ダイアナ号
この模型、1994年製らしいのですが、教育用に良い感じです。
スケールもでかいので想像しやすいです。
小説や映画だけじゃ分からないので、これはこれで感動してしまいました。
あと、なぜか、おじさまの説明もつき、勉強になりました。
年の功だなぁ。

・仰角をつけるためのくさびのこと くさびを入れると下を向くので、船体に穴を開けやすくなる。
 これで帆を狙えだの、船体狙えだのの命令に合わせて調節する。
・大砲の固定の仕方 イギリス式は左右1カ所ずつで固定。
・嵐の時の大砲の固定の仕方 くさびをぬいて天井とロープで固定。 
・カロネード砲について 重い弾なので至近距離で撃つ。(木っ端みじん砲というヤツですね)
・砲の近くにある小さな窓。なんだと思う? 
 オールを出すところ。フリゲートくらいまでの大きさなら、ほとんどついているそう。
 無風状態の時にせっせと方向を変えるそうな。
 ついていない模型は…あれれ??だそう。
 マスター&コマンダーの映画でも使ってるらしい。確認してみよう。
・砲台はどの国も同じような形 きっと、船に積んでる材料で作れるものなんだろうね。
・旅行へ行くなら北欧 ストックホルム良いよ。 料理も美味しし、治安良いし、きれいだし。
 ヴァーサあるし。
 「「イギリスの料理は最低。ローストビーフは保存食だ」」
・帆船模型はお金のかかる趣味。絶対やるなよ。やるなよ!
 (参考:押すなよは、押せってことなんだよ!)

などなど…。
最近の研究では、バーサの船体塗料は赤らしい、とかとか。
今回、戦闘艦が多かったので見応えありました。
いやー帆船は見るに限る。
ほんとそう思う。

COMMENT



コメントの投稿

HOME