ポルト~ワイン買います~

2005-08-30-Tue-20:08
ポルトガル旅行でリスボン、ポルトは絶対に行きたいと思っていたので、
色々資料を友人に(コラッ!)捜してもらったわけですが、
そのなかで電車賃というのがありました。
日本の業者さんにたのむと手数料込みで現地の二倍!(後で発覚した)
行き当たりばったりの旅行なので
オプションナルツアーとか前もって予約なんてしません。
現地で直接切符購入。
大丈夫です、日本で用意しなくても。
観光地なので英語が通じます。
…アレ?ポルトガル行ったんだけどなぁ…。
I want to book tickets.とかなんとか言っちゃって買いました。
間違ってても全然おk!
身体言語と英語さえあればなんだがごり押し出来るんだな、と(笑)。
リスボンはヨーロッパ各国からの観光客が多くて、
いろいろな言葉が飛び交ってます。
おぶりがーど めるしー さんきゅー ぐらっちぇ
どれ言えば良いのかわからないくらい。
ありがとうという気持ちはどの言葉でも通じると思います。
あと、「ちょっと、すみません」(笑)。
ポルトガル発祥の地ポルト
UO(050829-222307-02).jpg

そう、有名なのはワイン。
誰々艦長にポートワインを出してくれ、とかって奴ですよ!
ワァ、ワカンナイヨ。
それは置いておいて。
街はさほど大きくなく、ガイドブックには
「日程が許すなら一週間は滞在したい街」だなんて書いてありますが、
日帰りでも観光できます。
一週間も居たらべろんべろんだよ…。
私、幸か不幸か(多分不幸なのだろう)お酒を飲まなくても別にかまわないので、
べろんべろんになるこたぁ、無いです。
でもちょっと寂しいかなぁ。

リスボンから特急で3時間半だったかな。
海外の特急電車ってすごく寒いんですよ。
一番寒かったのはNY・ボストンの電車。
凍死するかと思った。
今回はまだ耐えられました。
特急が着くのはポルト・カンパーニャ駅。
0519.jpg

観光名所がいっぱいあるのはサン・ベント駅という
別の駅なのでローカル線を乗り継いでいきます。
サン・ベント駅自体が見所。
0581.jpg

アズレージョというポルトガル独特の青タイルが見事。
さて、市内観光していきますよ。
♪にくやーのみせさきにならんだー♪
にわとりぃいぁあぁー!!
0531.jpg

うさぎ?
0532.jpg

ぎゃぁぁぁあーーー!!

す…すみません…マチガエマシタ。
また教会です。
あの塔に上って街全体を見てみたいと思います。
[グレリゴス教会]
0530.jpg

高いところに上って次の目的地を捜します。
0529.jpg

お、バザってる?
0582.jpg

この塔は港からの入ってくる船の目印にもなっていたようです。
いろんな場所から見えました。

[大聖堂]
ファサードが修復中…。
0518.jpg

が、中は健在です。
アズレージョで装飾された回廊が珍しいです。
0522.jpg

やっぱり屋上いって日陰でのんびりしてました。
のんびりするのは得意です。
大聖堂のある高台から眺めると。
0587.jpg

やっぱり塔が見えるのでしたー。

[サン・フランシスコ教会]
0525.jpg

外観は地味な感じなのに中が…中が!!
きんぴかりん!!
入ったとき、派手派手さにびっくり。
ぐるぐるバロック様式の装飾が派手。

エッサイの木
0526.jpg


さてさて、ご飯に行きましょう。ね。船酔い王子さん。
0527.jpg

船酔い言うなぁあー!!
ドウロ川を眺めながら食事できるところが多くレストランに入ってみました。
0524.jpg

この橋、エッフェルの弟子が建造だそうです。

タコ、食えるか?言われたから頼んでみました。
0517.jpg

タコでかいよ、ツナでかいよ!
タコ柔らかくておいしかったです。
が…オリーブ油…うぇっぷ。

対岸が実はワインの醸造所がたくさんあるのですが時間的に行けませんでした。
あうっ。
0523.jpg


ぼちらぼちら歩いてポルト観光はおしまい。
途中変な雲が出てるから嫌だなぁと思ったら、煙みたいです。
0520.jpg

うほっ、山火事
そう言えば、電車の中から見た風景に、黒こげの森があったわ…。

ポルトの旧市街は世界遺産指定だったかな…。
丘にできた街並みはきれいだし、路地はいると一杯洗濯物干してあって、
歩いていて楽しかったです。
が、なんか微妙に小汚いんだよなぁ(笑)。

COMMENT



コメントの投稿

HOME