似顔絵のススメ

2016-08-18-Thu-10:08
ユーザーイベントなどでよく見かける似顔絵ですが、
楽しいからどんどん参加しようよ!
コワクナイヨ!!タノシイヨ!!!

似顔絵も違う方向からの参加なんですよね。
描く側としての参加、描いてもらう側としての参加。
両方の参加がなければ成り立たないので、
どこかで見かけたら是非、参加してみてくださいね!

似顔絵ってびっくり箱みたいな楽しさなんですよね。
描いてみてこんな感じの方だったのか、
私のキャラってこんな感じだったのね!と再発見。
描き手としては、いろんなキャラや服装を描ける楽しいひと時でもあります。
描いてもらえた側としては、似顔絵コレクションが増えてうれしい。
などなど。
SSとは違った思い出になると思います。

~写真とは違った思い出を残してみませんか~

こんな感じでしょうか…。

DOLだけでなくUOでも見たのでそれなりにある催し物です。
広く親しまれているのでぜひ、DOLでも楽しんでもらいたいと思います。

描く枚数制限があるのはレアリティを上げたいわけではなく、
各自のプレイスタイルなどのもろもろを勘案した結果なので
そこは暖かく見守ってくださいね!

以下はメモ。

*意見には個人差があります*(あの手書きのフリップで)

どこでやってるの?
・イベント会場で
 最近は、イベントの出し物のひとつとして行われていることが多いです。
・気の向くまま思ったところで
 描きたいときにふと現れる辻絵描き…。見かけたらラッキー。

どうやったら描いてもらえるの?
・先着順
 ○並べば描いてもらえる
 ×たくさんの人が集まり、時間通りに行っても描いてもらえないこともある。
・抽選→ここ最近のイベントの主流はこっちかな?
 ○指定時間内に抽選会場に行けば良い
 ×運しだい

描いてもらうときリクエストは受け付けてもらえる?
→描き手それぞれですが、聞いてみましょう。
 描いてもらいたいイメージがあるなら伝えてみると
 何かしら反映してもらえるのではないでしょうか。
 例えば、ペンギンは描いてね!とか…・・・。
 人それぞれだけどね!!

作品はいつもらえるの?
→大体は外部のアップローダーやブログなどを通じてDLする方法です。
 イベント毎、辻絵描きの方それぞれでやり方が違うので確認してみましょう。
・その場で描いてその場でお渡し
 初期はこのやり方が多かったかな。
・後日お渡し
 描き手としては落ち着いて描ける。

作品はどうやって楽しむの?
 (描き手さんによって違うので要確認)
・描いてもらった→SNSのアイコンにしたり、保存してニヤニヤしたり。
・参加しなかった、抽選漏れ→作品を見て個人的にニヤニヤする。

似顔絵は、描き手と描いてもらった人との共同作業みたいなところもありますので、
それ以外の方は閲覧のみでお楽しみください。
絵だけでなくSSも無断使用禁止ですよ。

COMMENT



コメントの投稿

HOME